市村清ゆかりの人物

Person

幼少期の苦難を乗り越え、深い愛と情熱を持って事業を立ち上げ成功を収めた市村にも運命的な人との出会いがありました。ここでは市村の足跡を辿るうえで市村を支え影響を与えた人たち、師と仰ぎ尊敬した人たちを紹介します。

市村の人生の岐路に影響を与えた人

人生の節目で重要な決断をするときに助けられたよ。

大河内正敏

大河内正敏

理化学研究所 第3代所長
市村清を見出し、理化学研究所で重鎮として処遇し、経営者としての基礎を与えた。 

もっと詳しく

原口英雄

原口英雄

義兄
市村清の中国赴任まで至る所でサポートした。後に市村の父豊吉の姉の家の養子となり同じく養子の市村の姉と結婚する。

もっと詳しく

吉村吉郎

吉村吉郎

佐星醤油当主
本業の他に富国生命保険佐賀代理店、理研感光紙九州総代理店を兼業。市村に理研感光紙九州代理店の権利を譲渡した。

もっと詳しく

小出熊吉

小出熊吉

共栄貯金銀行 頭取
市村清を評価し、満州の大東銀行要員として北京赴任を認めた。松岡幸恵を紹介し結婚を薦めた。

もっと詳しく

田中虎三郎

田中虎三郎

弁護士
父・豊吉の親戚にあたり、幼少から世話になった人物。上海での資金横領疑獄事件の際も帰国後の控訴審で市村の弁護をした。

もっと詳しく

岡 泰雄

岡 泰雄

千栗八幡宮社掌
佐賀中学を中退した清が通った塾の恩師。千栗八幡宮の社掌を務める。市村は社殿の改造に際し、匿名で大金を寄進した。

もっと詳しく

柳川平助

柳川平助

長崎県出身の陸軍中将
司法大臣、国務大臣を歴任した。皇道派の重鎮。

もっと詳しく